読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と温泉と私

山と温泉が好きな女子の日々のきろくです

尾瀬からなぜか湯沢へ

山のこと

朝4時に気象し、朝食を食べてから日の出の時間の4時半ごろに尾瀬ヶ原を見に行く。

早朝の尾瀬ヶ原は、湿原から蒸気が上がってくるからだろうか、霧に包まれていて幻想的なのだ。

今回もきれいだった。

けど、後からFacebookなどを見たら、もう少し早く見に行っていれば朝焼けに染まる霧が見れたらしい。なんたること!起きてたのに。。。

それから着替えや撤収作業をして、5時半に見晴を出発した。

どういうルートでどこに下山し、その後どこで温泉に入るか、ギリギリまで悩んでいたのだけど、檜枝岐温泉はわりと堪能した感があったし、鳩待峠に下りてバスで沼田に向かうことに。

温泉は、沼田行きのバスを途中下車して老神温泉に入るというのも魅力的だったけど、入浴後の老神温泉からのバス便が少なく、また、途中の停留所から乗って座れるか微妙では?と思ったので今回はやめ。

一気に沼田に向かってしまい、そこから電車であえて北上し、越後湯沢に向かうことにした。

11時18分に沼田を出る電車に乗ると、水上駅で待ち時間なしに乗り継ぎ電車に乗れるので、1時間弱で湯沢に着く。

その電車に乗るためには、8時40分に鳩待峠を出るシャトルバスに乗る必要があるので、本当は余裕を持って5時過ぎには出よう!と思っていた。

しかし、久々の撤収作業は思ったより時間がかかり、予定より20分ほど遅れてしまった。。。

尾瀬ヶ原を足早に歩き、一気に山の鼻まで歩く。

幸いというか、花もあんまり咲いていなかったので、立ち止まって写真を撮ったりの時間もあまり取られなかった。

山の鼻に着いたとき、時刻は7時ちょうど。

山の鼻から鳩待峠までのコースタイムは1時間20分。

コースタイムどおり歩ければ十分間に合うな……けど、着いてから着替えたりする時間はないかも……と思っていたが、実際は8時前には鳩待峠に着いてしまった。

普段登山しない人が多く歩くルートだから、コースタイムを甘めにとってあるのかもしれない。

鳩待峠で花豆ソフトを食べたかったのに、8時30分の営業開始前で、食べれず残念。

やっぱり尾瀬は楽しいなあ。

今回は山には登らなかったし、久々に至仏山に登りに、また行きたいな。