読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と温泉と私

山と温泉が好きな女子の日々のきろくです

本日は恵比寿にて

お酒とごはん

私にしては珍しく、2日続けて女子飲み。

今日のお相手も以前うちの会社で働いていたIT系女子。

今は全国的に有名な大手IT系企業で役職を持って働いている、昔も今も仕事がバリバリできる友人だ。

本日は、恵比寿駅西口から徒歩3分ほどのバルにて。

サカナバル

http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13148121/

昨日は肉中心だったけど、今日は魚系で。

カルパッチョの盛り合わせ、アクアパッツァ、アヒージョなどをいただく。

カルパッチョ2人前。

アクアパッツァ

この後、リゾットにしてもらえる。

そして、今日もアヒージョ!

イカ、エビ、貝と盛りだくさん。

サングリアが泡、白、赤と3種類もあったり、白州ハイボールがあったり、どちらかと言うと、こちらの店のほうが好みかもしれない。

自家製パンがお通しだったのも、アヒージョにあっててよかったなあ。

お会計も1人5000円ぐらいで、昨日より安かった。

恵比寿と丸の内のちがいなのか。。。まあ、席の雰囲気とかは段違いに昨日のお店のほうがいいしね。今日のお店はけっこう、雑多な感じだし。

でもやっぱり、渋谷区のほうが落ち着くなあ、なんか。

友人は最近、スマートフォンのオンラインゲームを通じて知り合った、遠方に住む10歳年下の男性に言い寄られているらしい。

すごいなあ、10歳年下。そして、オンラインゲームを通じて仲良くなるって、昔からけっこう聞くけど、本当にあるんだね。。。

でも、遠方だし、仕事の休みが合わないし……で、そんなに明るい未来が見えるわけでもないんだよね、みたいな話をしていた。

私たちの世代で、年下とつきあう話はちょいちょい聞くけれど、結婚したという話を聞くことはそんなにない。

「10歳ぐらい年上の自立した女性なら、そんなに結婚プレッシャーをかけられることもないのではないか」という理由で、年上の女とつきあう男もいると聞くし。

そんな流れで、そういえば最近地震が多いよね、今日も北海道であったし、熊本の地震もなかなかなくならないし、そのうち東京にも来るんだろうねえ、という話になった。

「近いうちに大きな地震が来たら、なんて考えると、結婚についてますます考えちゃうよね」

というところで意見が一致したのだけど、よく話したら「考えちゃう」方向性は、私と彼女は真逆だった。

彼女は

「もし大きな地震が起こって避難生活を送るような羽目になったときに、1人だったりと思うと恐ろしいからやっぱり結婚したい」

だったのに対し、私は

「もし、世間体や将来に対する漠然とした不安を払拭するために、そんなにしたくもないような結婚をして、それで地震であっさり死んだりしたら私の人生なんだったのって思いそう」

だったのだった。。。

まあ、世間体や将来に対する不安で、今更結婚することはないような気もするけれど。

本当にしたいと思わなかったら、しちゃダメですね……私はね。