読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と温泉と私

山と温泉が好きな女子の日々のきろくです

小淵沢 井筒屋へ

天気が悪くて山に行けないので温泉に行こうと思い、中央線に乗る。

まずは朝からあずさに乗り、11時8分に小淵沢駅に着く。

11時から営業を始める、小淵沢駅の有名な鰻屋さん「井筒屋」へ。

かなり並ぶと聞いていたのだけど、お店に着いた時点では誰も並んでおらず「これはもしや、すぐに入れるかも!」と思いきや、ちょうど私の前のお客さんで席が全部埋まったところだったらしく、結局そこから45分ほど待つことに。

 

お酒を飲まないお客さんは、オーダーからだいたい1時間ぐらいで食べ終わるらしく、12時ごろにはメニューを渡され

「もうすぐご案内できるので先にオーダーをお願いします」

と言われる。

メニューはホームページにも載っているので、食べたいものはだいたい決まっていた。

竹酒という、竹筒に日本酒を入れたものと、白焼の並、それとうな箱(たぶん鰻重のこの店なりの呼び方)の並。

あと、白焼が焼けるまで何かつまみを一品頼みたいなと思っていた。

つまみは肝焼きにした。

オーダーが終わるとすぐに席に案内されたのだけど、そうしたら席に張り紙がしてあって「だし巻き卵」と「うな箱」に並と上の間に中サイズがあるということ。

えー……それならうな箱は中がよかった。そしてつまみは卵焼きがよかったー。

うーん、オーダー後すぐに席にとおしてくれるなら、席に行ってから注文したかったなあ。

竹酒は、奮発して大吟醸(たぶん1合ぐらいだと思うのだけど、1570円!)にしたのだけど、普通だった。

肝焼き、白焼もおいしかったけど、感動するほどのおいしさではなく。

うな箱はかなりおいしかった!

うーん、有名店だと思って期待しすぎたかしら。。。

次回行くことがあれば卵焼き(たしか850円)を食べたいなー。

う巻きだと1900円するから、1人で頼むにはちょっと高いなって思ったんだよ。時間もかかりそうだしさ。

それから駅に戻って各駅停車で下諏訪駅に移動。

駅近くの共同浴場、菅野温泉で一風呂浴びてから、今宵の宿、毒沢鉱泉、神乃湯に向かった。

神乃湯のお話しは別ブログにて。